実力で選ぶ🎷

 またもやレナード・バーンスタインの「ヤングピープルズコンサート」の話題になってしまいますが、3巻全部鑑賞し終わって思うことは、「作品というのは聴くだけでももちろん感動するのだけれど、その曲の生まれた背景とか作曲者自身のこと、背景を知るためには歴史や音楽史の理解、楽譜が読める力(アナリーゼ力)など知っている方が更に感動も深まることが再確認されました。

 教室で行っている「調べ学習」もDVDやyou tubeを駆使したりして記憶に残るものにしていきたいですね。

 また、3巻の新人発掘コンサートでは、小児麻痺にかかって足が悪い青年指揮者、その当時珍しいと言われた女性指揮者が素晴らしい演奏を披露してくれました。

 この選択をしたバーンスタイン、60年余り前にも偏見のない名演奏家がおられたことに敬服です。
IMG_1543IMG_1544IMG_1545IMG_1546











IMG_1542












 

















だって、ベルリンフィルで若い女性クラリネット奏者を帝王と言われたカラヤンが入団させたいと言ったにも関わらず、ベルリンフィルは反対し、ついにカラヤンはベルリンフィルと袂を分かち合った話は有名ですが、これは1982年の話。絶大な権力をもっていたカラヤンでさえ開けられなかった性差別があった訳です。

 その後、ベルリンフィルもウィーンフィルも女性奏者を受け入れますが、 このニューヨークフィルは、男女だけでなく、出身や国籍も様々ですし、バラエティに富んでいることを誇りにしている様子なのです。

 そのことだけではなく、この回ではバーンスタインの演奏家を見極める目、という点で興味深い話を聞くことができました。

 「展覧会の絵」をピアノ独奏した青年は、自身が審査に望んだのではなく、クラリネットを演奏する友達の伴奏者として来ていたのに選ばれて演奏するんだ、という話。

IMG_1547IMG_1548













 



 
楽器としてはクラシックのソロとしての作品がないので、自分で編曲して演奏するというアコーディオン奏者。 彼の発表曲は何とショパンのピアノ協奏曲第2番。バーンスタインもその編曲の凄さと演奏に舌を巻いていました。

 また、カズーといういわば子どものおもちゃなのですが、「カズー協奏曲」を聴かせてくださったり・・・。素敵な音楽になるのですね。
IMG_1550

 









さすが審査を経て演奏を披露する青年たちの演奏は聞き応えがあり、年齢が若いだけに清々しく、アメリカの文化水準の高さも伺われ、明日への仕事の活力をいただきました!

お墓参り🌼

今日は私の内視鏡検査の日でした。

コロナもそうですが、また入院を伴うかもしれないということもあって、今年はお盆は家族それぞれで過ごしました。

でも、息子はひいばあちゃんの家まで行ってくれて、墓参り。(ありがとう🙏)

旦那さんも今年は一人で故郷へお墓参りをしてきました。 

ご先祖様、みんな一生懸命生きています。安心してください。私の大腸も大丈夫でした。

16606693541043

IMG_1535





 



IMG_1539今日の検査は、「集中治療室」という看護師さんが集まっておられ、いろんな患者さんが注射や点滴を受けにこられる場所。

私を担当してくださった看護師さんたちは陽気で、何だかミュージカルのように会話をされている。

今日も、「私もみなさんに支えられ、生きているんや」ということを実感しましたよ。



今日は終戦記念日🕯

今日は終戦記念日。

8月は戦争を考える番組も多く、私もNHKで制作された「二十四の瞳」の他、映画「ひまわり」、ドキュメンタリーなどいろいろ見せていただいて心をえぐられる思いをしながら「どうしたら戦争への道を食い止められるのか」考える日々でした。

縁あって関わらせていただいている生徒さん
や、自分の孫たちに、これからも是非平和な世の中を生きていって欲しいです。
DZJX8RGXG2-eyecatch_323795e8143e1bee83c7ceb813daa811






そんな中、昨朝のTV番組で本当に膝を打つ発言がありました。

「サンデーモーニング」という番組の「風をよむ」というコーナーです。IMG_1505IMG_1509

















寺島氏の「一人一人が私生活主義に陥っていて、広い視野で物事を見て行動するようにはなっていない」という指摘、サヘル・ローズ氏の「戦争は始まったらリセットが効かないんだ。人が殺され、文化が壊され、その傷跡は2、3世代も続く」、藪中氏の「話し合いで平和を構築することはできるんだ」、青木氏の「国民に戦争に向かわせるのは、攻撃されていると指摘して、平和主義の人を愛国心が足りない、と非難すればいい」という話、その通りだと思いました。

我が家でも、どうしたら悲惨なウクライナ侵攻を止めさせることができるんだろう、と話をしていても、ロシアなどの武力をもって侵略してくるのに手立てがあるんだろうか、となかなかその先に悲観的になります。

徹底的に戦争を回避することはできなかったのか、戦争に突入できないような仕組みはどうすれば作ることができるのか、英知を最大限に働かせて全世界レヴェルで取り組んでほしいと思います。

 
ギャラリー
  • 実力で選ぶ🎷
  • 実力で選ぶ🎷
  • 実力で選ぶ🎷
  • 実力で選ぶ🎷
  • 実力で選ぶ🎷
  • 実力で選ぶ🎷
  • 実力で選ぶ🎷
  • 実力で選ぶ🎷
  • お墓参り🌼